アパレルブランド様専門レディースファッション水着OEM生産・日本の良品卸売りのベンチャーパートナーズ株式会社

ブラック企業を判断する10の特徴

この会社ってブラック企業?ブラック企業を判断する10の特徴

ひと昔前に、テレビなどのニュースやネット界隈でもよく目や耳にしていたブラック企業ですが、正しい定義はご存じでしょうか。

人材の使い捨てを行う企業であり、特に若者を使い捨てるような感じで、従業員を大切に育てるような要素がなく、潰れたら新しい社員を入れたらいいと考えているような企業をいいます。

令和になった今日、働き方改革が推し進められている中でも、このような企業はいくらでも存在しています。

ただ、若い頃から勤めており、この会社しか知らないという人にとっては、その会社が該当しているのかどうかの判断は難しい場合があります。
そこで、判断する特徴をご紹介します。

 

これがブラック企業の10の特徴!

『ブラック企業』と印象だけで言ったりするのを聞く場合がありますが、実際には次のような特徴があります。

これらの項目に当てはまる項目が多ければ多いほど、レベルは高いといえます。

場合によっては、すべてが該当するような漆黒の企業もあるかもしれません。

それでは、いくつ該当するか確認してみましょう。

1.過重労働であったり、長時間労働になっている
2.休日が少なく、有給も自由に取れない
3.給料が少ない、また時給換算すると最低賃金より低い
4.残業代や休日出勤が付かない
5.雇用契約書の内容がおかしい
6.従業員がよく入れ替わり、離職率が高い
7.募集要項をみると情熱ややる気などを思わせる言葉多くある
8.パワハラやセクハラが多くみられる
9.社長や上司は絶対的な存在
10.仕事のなかで、精神論が多く説かれている

いかがでしたでしょうか。

この項目に半分以上でも一致するのであれば、間違いなくブラック企業です。

場合によっては、退職させてくれないような場合もありますので、そのような場合は、専門機関に相談してみるのも一つの手になります。

 

自分の会社はブラック企業だった!退職しようか考える場合

自分の勤めていた会社が該当するとわかったとき、もしくは既に認識していたが、改めて認識した場合、そのまま勤めるべきか、退職して新たな道を探すべきか迷うかもしれません。

ですが、その企業に勤め続けることはいずれ、肉体、精神、もしくはその両面に対して、過大なダメージを蓄積し続けることになります。

自分がそのような会社に勤めていることが分かった場合は、早急に見切りをつけ、退職し転職することをおススメします。

ですが、この退職に踏み切る前に、準備はしておく必要があります。

個人の都合によって退職するような場合、残念ながら失業保険には給付制限が3ヶ月設けられます。

そのため、事前に水面下で転職活動を始めておく必要があるでしょう。

また、退職に伴い、国の助成金を受け取ることができる場合があります。

これは退職してしまうと、申請することができませんので、かならず在籍中に対応することが必要になります。

一般的に退職を経験することは少ないことから、あまり知られていない助成金ですので、退職を考えた場合、退職する前に検討してみてはいかがでしょうか。

ベンチャーパートナーズ株式会社は、退職を考えている方が失業給付金を最大限もらえるように、支援活動をおこなっております。相談は無料です。

>ベンチャーパートナーズ株式会社は

ベンチャーパートナーズ株式会社は

あなたのパートナーです。

始めたばかりの事業、起業したばかりの方、これから何かを始める方を支援する会社として、ベンチャーパートナーズ株式会社は2011年に生まれました。

以降、さまざまな企業や事業のお手伝いをしてきました。

小さい会社ですが・・・  ひとつひとつの仕事を責任を持って務める。仲間とのネットワークを最大限活用することで、お客様のメリットをできるだけ増やす。

愚直におこなってまいりました。

あなたのお力になりたい!ベンチャーパートナーズ株式会社の想いです。

CTR IMG