2021年9月16日に経営革新塾しよう会の9月例会で、春日部市出前講座「春日部市のまちづくりについて」お話をお聞きしました。

経営革新塾しよう会とは、春日部市にある企業や個人事業主、町内のまとめ役の人たちが現在に満足することなく、より高みを目指して情報交換をしたり勉強をする組織です。

9月の例会では、「東武鉄道伊勢崎線・野田線(春日部駅付近)連続立体交差事業の概要」を中心に、今後のまちづくりについて春日部市で担当されている方々から教えていただきました。

とても興味深く、1時間はあっという間に過ぎてしまいました。

春日部駅の高架化はずっと前から、我々春日部市住民から望まれていたものでした。伊勢崎線第124号踏切は「開かずの踏切」で有名で、1時間のうち6分しか開かない時間帯があるなど、困った踏切でした。

高架化がやっと動き出しましたが、終了が令和31年と聞いてずっこけました。

生きているかな?

春日部駅付近連続立体交差事業工事概要の資料は、こちらから見ることができます。

埼玉県のサイトにあります。興味のある方はぜひご覧ください。